先輩からのメッセージ

加藤 明裕先生(シニアレジデント)

加藤 明裕先生

救急医として実際に働くと、内科疾患や外傷、マイナーエマージェンシーなど様々な理由で困っている患者さんに対して、専門領域の垣根をこえて何ができるかを考えながら日々診療を行っています。まさに全人的な医療が求められる場であり、大変な場面もありますがとてもやりがいのある仕事だと実感しています。

当院では救急科専攻医として勤務しながら、他科研修も可能であり救急医として必要な知識・経験を積むことができます。また、オン・オフがしっかりとした勤務体制であり、プライベートな時間も十分に取ることができるのも魅力だと思います。

救急医にとって学生時代や初期研修で学んだこと全てが無駄になることはありません。様々な分野に興味があり、一つの専門分野に決めかねている方、救急医の道をぜひお勧めします。

宮崎 ゆか先生(臨床研究医)

宮崎 ゆか先生

医学部の頃から救急医療に魅力を感じ、様々な職種が協力し目の前の患者さんを救命する事に直接関わりたいと思い救急科を志望しました。後期研修中に救急搬送される精神疾患をお持ちの患者さんに興味を持ち、疾患や向精神病薬の理解を深めるべく1年間当院精神科で研修をさせていただきました。当センターで働きながら他科診療科で研修を行えるのも魅力と思います。

私は社会人経験後に医学部に編入したので同期より年上で当初は救命救急センターでの勤務に体力的な不安がありました。当センターはON-OFFしっかりした無理のない勤務体制で上級医皆に相談しやすくアットホームな雰囲気です。今では特に不安なく楽しく勤務しています。今後もチームメンバーと明るく仕事ができ、学び多い環境を目指していきたいと思っています。

救急診療に興味のある若手の先生、人生経験豊かな先生、他科所属中の先生などなど、お気軽に当センターにふらっと来てください。お待ちしてます♡

資格
  • 日本救急医学会 救急科専門医
  • ICLSインストラクター
  • JATECインストラクター

五島 隆宏先生(臨床研究医)

五島 隆宏先生

私は学生時代より基礎研究に携わっており、初期研修終了後は救急科とともに大学院入学を選択しました。当科は一部の入院診療を含めたER型救急施設であり、原則は日勤・夜勤の交代勤務です。一人ひとりの希望に応じた自由度の高い研修ができ、IVRや集中治療など、短期〜長期で他科研修も可能です。とても働きやすい環境ですので、興味のある方はぜひ一度、見学にいらしてください。