スタッフ紹介

スタッフプロフィール

間瀬 光人(image)
センター長間瀬 光人
メッセージ

当センターの特徴は「大学病院」であることです。一般の救急医療機関では対応できない重篤な救急患者さんに対して、各専門診療科の医師と連携し高度な医療を総合的に提供します。平成27年9月には先進急性期医療学分野が新設され、3名の教授が着任しました。教育機関として、多様な救急疾患に対応できる医療人を育成することにもさらに力を注いでいきたいと考えております。また、昨年度はセンターの改修工事を行い、より効率的に診療を行えるように進化いたしました。いつでも適切な医療を迅速に提供できる体制により、24時間365日市民の皆様に安心を提供し続けられるよう努めて参ります。

資格
  • 脳神経外科専門医
  • 脳血管内治療専門医
  • 脳卒中専門医
  • 日本神経内視鏡学会技術認定医
笹野 寛(image)
部長笹野 寛
メッセージ

1987年に卒業後、集中治療・救急医療・麻酔の業務をしています。この間、医療安全に興味を持ち、患者さん・医療従事者の両者がともに安全な医療を提供できる方法について学んできました。方法は2つあると考えます。急速に広がってきた医学シミュレーション教育の活用と、臨床業務での安全性を向上させる新規医療デバイスの開発です。この2つはライフワークにしていきたいと考えています。

地域の第一線で救急医療を支える若手の医師が、安心して救急医療に取り組めるために、標準的な救急医療を学ぶことができる環境とシステム作りに貢献することを目指しています。

人生を豊かにするには、柔軟な発想が一番大切だと考えます。多方面の目標を同時に掲げ、周囲の人から絶えず良い影響を受けながら成長し続けることが理想です。

学生時代には、ラグビー、柔道、バスケットボール、ウィンドサーフィン、など多くのスポーツを経験しましたが、働き出してからは休止していました。やっと最近、ジムに通って、体調を整えることを覚えました。

資格
  • 日本救急医学会  専門医
  • 日本集中治療医学会 専門医
  • 日本呼吸療法医学会 専門医
  • 日本麻酔科学会  専門医・指導医
  • 日本ペインクリニック学会 専門医
  • AHA ACLSインストラクター・BLSインストラクター・PALSインストラクター
  • 日本医学シミュレーション学会 困難気道管理インストラクター・CVCインストラクター
診療・治療に対する心がけ

患者さん・医療従事者の両者の医療安全を確保するために、標準的な救急医療を24時間365日提供することを目標にするとともに、当院でしか提供できない救急医療システムを作り上げることを目指します。

救命救急センターのスタッフがチームとして最善のパフォーマンスができるような環境・システム作りをし、院内の各診療科、各部門、研修医のすべてのスタッフが気持ちよく働ける環境を作ることに繋げることが、受診される患者さんに更に満足していただける救急医療を提供する近道であると考えています。

専門診療科が揃う大学病院としての特性を生かしながら、東部医療センター、西部医療センターとの3病院連携を進めるとともに、他の救命救急センターとの連携を図り、地域の人からの期待に更に応えたいと心がけます。

服部 友紀(image)
部長服部 友紀
メッセージ

平成6年名古屋市立大学医学部を卒業し、名市大麻酔・集中治療部、大学院研究(薬理学)、アイオワ大学研究留学、名市大救急部、藤田保健衛生大学救命救急科を経て現在に至ります。救急医療に惹かれたきっかけは非常に単純明快で、学生時代に見たドキュメンタリーなどのテレビ番組に影響されました。

これから先も救急医療に携わり自分なりの「救急道」を極めていきたいと思っております。「救急医療とは究極の超急性期総合診療である」との信念の元、色々な専門・得意分野を持った医師が集結し、各々の能力を最大限発揮できる、そんな組織を完成させたいと考えています。

資格
  • 日本救急医学会指導医
  • 日本麻酔科学会指導医
  • 日本集中治療医学会専門医
  • AHA BLS/ACLSインストラクター
  • ICLSディレクター
  • JATECインストラクター
  • JPTECインストラクター
  • 日本DMAT隊員
松嶋 麻子(image)
部長松嶋 麻子
メッセージ

2015年9月より、母校の名古屋市立大学に参りました。名市大を卒業後、大阪大学の特殊救急部(現高度救命救急センター)に入局して、救急医療・医学を学んで参りました。今後、救急の専門医として、この地域の救急医療を支え、後進の育成に努めます。

プライベートでは市内に暮らす3人の姪・甥と遊ぶのを何よりの楽しみにしています。子どもたちが元気に成長する姿を眺めながら、地域の力を元に、柔軟な発想で新しい時代の救急医学・医療を築いて行きたいと思っています。

資格
  • 日本救急医学会 専門医・指導医・評議員
  • 日本熱傷学会 専門医
  • 日本外科学会 認定医
  • Infection Control Doctor
  • ICLS ディレクター
山岸 庸太(image)
副部長山岸 庸太
メッセージ

2013年までは消化器外科医として地方の野戦病院でOncologyを主な仕事としていました。そこで、PTD(Preventable Trauma Death)を経験し外傷手術に、DMAT研修から災害医療に興味を持ち、2014年から当施設で勤務して救急専門医を目指しています。

外傷手術・災害医療に興味のある方、また、私のようにsubspecialtyとして救急専門医取得を希望している方など大歓迎です。是非、一緒にやりませんか。待っております。

資格
  • 医学博士
  • 日本外科学会指導医、専門医、認定医
  • 日本消化器外科学会指導医、専門医、認定医
  • 消化器がん外科治療認定医
  • 日本がん治療認定医
  • JATECインストラクター
  • JPTECインストラクター
  • ACLSインストラクター
  • PALSインストラクター
  • PEARSインストラクター
  • BLSインストラクター
  • BDLS,ADLSインストラクター
  • MCLSインストラクター
  • 日本統括DMAT隊員、インストラクター
  • 国際緊急援助隊医療チーム登録医
  • TNT研修修了
  • 厚生省緩和ケア研修修了
  • 厚生省臨床研修指導医講習修了
  • 愛知県救急業務高度化推進協議会委員
趣味
雪山滑り、海・プール遊び、懸垂
三浦 敏靖(image)
講師(診療担当)三浦 敏靖
メッセージ

救急科の三浦と申します。
神経内科医として臨床経験を積み、救急の現場でその経験知識を生かすべく、日々患者さんに向き合っています。

また、脳卒中や内科救急に関するものなど救急関連のシミュレーションコースに積極的に参加しています。

プライベートでは3児の父でありよきパパでありたいと思っています。救急科は交代勤務でまとまった時間家族と接することができるのでありがたいです。次女の出産時には周りのスタッフの理解もあり産休を取らせていただきました。
趣味として能舞台をやっておりますが、このところこちらはなかなか・・。

資格
  • 医学博士
  • 日本救急医学会 救急科専門医
  • 日本神経学会専門医・指導医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
  • 日本救急医学会ICLSディレクター
  • 日本内科学会JMECCディレクター
  • ISLSファシリテーター・コーディネーター
  • 日本DMAT隊員
  • 身体障害(肢体不自由)指定医
診療指導非常勤講師
谷内 仁

 

 

診療指導非常勤講師
大野 貴之

 

 

診療指導非常勤講師
安藤 雅樹

 

 

五島 隆宏(image)
シニアレジデント
五島 隆宏
(名古屋市立大学 平成26年卒)
メッセージ

平成26年に名古屋市立大学医学部を卒業後、名古屋市立大学病院、西部医療センター、東部医療センターにて研修、平成28年より救急科シニアレジデントとして勤務させていただいております。後期研修での救急科の選択は、全科に渡る知識と初期診療、全身管理を学ぶことが将来に生きると感じたこと、また研修医が関わる機会が多い場所であることも魅力の一つと感じています。救急医としてはまだ未熟ですが、後輩に指導できることは指導しながら、ともに学んでいける上級医になりたいと思っています。

資格